Hatena::Groupminswatch

法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-02

(そ)そこは金持ちそこから

[]脱官僚 02:15 脱官僚 - 法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 を含むブックマーク はてなブックマーク - 脱官僚 - 法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 脱官僚 - 法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 のブックマークコメント

×「脱・官僚依存」、○「『脱官僚』依存」

 文部科学省は、秋の大型連休返上で、09年度補正予算全項目の洗い直し作業に取り組むことになった。川端達夫文科相がヒアリング開始を22日と指示したのを受け、同省には19日も職員が次々と出勤した。霞が関の常識や前例が通用しない、本格的な「政治主導改革」が始動し、ある職員は「旅行をキャンセルした。まさかこんなことになるとは……」とつぶやいた。

 ヒアリングの実施は18日深夜、川端文科相が坂田東一事務次官らに指示。職員の多くは家族旅行をキャンセルするなどして準備に追われた。冒頭、川端文科相は「政治家は曜日の概念がなく、少し配慮が足りなかったかと反省している」と“おわび”も表明。その後、副大臣2人、政務官2人を含む計5人の政務三役に対し、各局の局長らが30分~1時間半刻みで事業を説明した。

2009.10.27 02:00

 首相官邸が鳩山由紀夫首相や平野博文官房長官らに対する臨時国会での質疑について、各省庁に「答弁メモ」を作成するよう指示していたことが26日、共同通信が入手した内部文書で分かった。指示は問答づくりを官僚に丸投げする内容となっている。

 民主党の小沢一郎幹事長が官僚の国会答弁を禁止する構えをみせるなど、政府・与党が掲げる「政治主導」と逆行する動きで「脱官僚依存」は看板倒れとの声も出そうだ。

 文書は内閣総務官室の名前で、先週末に各省庁に出された。首相や官房長官、官房副長官の答弁について文書は「これまで通り(麻生政権と同様に)各省庁の協力をお願いする」と記載。首相答弁では「首相にふさわしい格調高い表現」にするよう要求した上で「質問の趣旨を踏まえた簡潔な内容」にし、「結論を先に述べる」と、文書の書き方を指南した。

 ブコメからもコピペっとこ。

KIGAS このニュースの7時間後に首相がこれを否定してるが?→http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091027/plc0910270919010-n1.htm官僚と民主の綱引きは当面終わりそうもない。 2009/10/27

 最終的な首相らの応答要領は、各省庁が新たな指示に基づいて作った、「簡略化した答弁資料」を基に首相秘書官らが執筆、首相自らが加筆・修正して「政治主導」が演出されたという。結局、官僚からの情報提供抜きでの答弁は、困難なことを露呈した形だ。

 メモを清書したら脱官僚したことになるんでしょうかね。

通告拒否はしなくても、審議拒否はいっぱいやって、法案もいっぱい潰したくせに。

政治主導、官僚答弁禁止がうだうだ泣き言いうな。

トラックバック - http://minswatch.g.hatena.ne.jp/fujiyoshisyouta/20091102