Hatena::Groupminswatch

法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-11

[]外国人参政権関連 19:23 外国人参政権関連 - 法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 を含むブックマーク はてなブックマーク - 外国人参政権関連 - 法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 外国人参政権関連 - 法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 のブックマークコメント

喜ぶと思います」

 これって、地方議会が外国人参政権への反対決議をageても聞く耳持たないぞという予告なのかも。全然聞く耳持ってない感じですし。

▼朝鮮総連が公式には外国人地方参政権に明確に反対していることは、もちろん、その通りですが、ぼくはそれを『建前』ないし『したたか

な戦術的反対』と考えています。

 その戦術のなかには、民団との違いを出す意図もあると考えます。


 民主党や公明党が外国人地方参政権法案の成立を強力に進めることの背景には、民団だけではなく、朝鮮総連および北朝鮮が居ることは間

違いのないことだと判断しているからです。

 逆に言えば、朝鮮総連および北朝鮮が建前や公式見解だけではなく本気で猛反対しているのなら、民主党や公明党の動きは、大きく鈍るは

ずです。

 民主党や公明党の支持基盤のなかに、在日のかたがたの勢力があるのも客観的事実ですが、それは民団だけではなく朝鮮総連も強固な基盤

のひとつです。


 いまは建前ないし公式見解で反対していても、外国人地方参政権法が成立してしまえば、朝鮮総連および北朝鮮も必ず、その果実を手にす

ると判断しています。

 いざ法律が成立してしまえば総連が手のひら返すだろうことは同意。

わる」…鳥取選出議員座談会

昨年12月に自民党を離党した田村耕太郎参院議員(同選挙区)に向けて「実力ある議員。民主党に来られたら(同党が)もっと幅広い政党

になる」と発言。

 幅の広さだったら党首が一人で全カバーしてるだろうに。何をしたいんだこの基地外は。

 日本の民主党政権が韓日関係の再調整に乗り出したと判断するには時期尚早だといえよう。日本国内の政治力学上の限界で、靖国神社に代

わる国立戦没者追悼施設の設立問題や、永住外国人の地方参政権問題が実現しない可能性も高い。しかし、日本政府の本当の目標が何であ

れ、日本が韓国をますます必要とする新たな局面に入ろうとしていることだけは事実だ

トラックバック - http://minswatch.g.hatena.ne.jp/fujiyoshisyouta/20100111