Hatena::Groupminswatch

法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-04-19

[]外国人参政権関連 02:18 外国人参政権関連 - 法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 を含むブックマーク はてなブックマーク - 外国人参政権関連 - 法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 外国人参政権関連 - 法則限定!雑記とWeb考古学 - ミンスヲチグループ出張版 のブックマークコメント

東西ドイツ統一で予算が逼迫(ひっぱく)し、失業手当や生活保護を受けながらドイツ社会に溶け込むことを拒否する「ガスト(客)」はいつしか、「招かれざる客」となった。彼らに参政権を与えるべきかどうか、政治は割れている。

 しきりに「多文化共生」とやらを口走る連中はいますが、その本心は他文化強制です。一方では日本社会の一員を名乗りますが、他方では地域共同体に対して一方的な要求を繰り返すだけです。

2006年3月、同区にあるリュトリ校(中等教育)の教師全員から、連名でベルリン州教育相に手紙が届いた。「生徒はノートや鉛筆も持たず爆竹を鳴らし、教室のドアをけって入ってくる。学校は彼らにとって戦場であり、教育が成立する余地はない」。手紙は学校閉鎖を求めていた。

 比較が適切かどうかは議論の余地があるでしょうが、日本国内には朝高という存在がありますからねぇ。

トラックバック - http://minswatch.g.hatena.ne.jp/fujiyoshisyouta/20100419